Audiobook Times

オーディオブック配信サービスFeBeのスタッフが、出版・音声メディア・著作権にまつわる最新の情報をお届けします!

本で読んだ内容を確実に「血肉」にするための5ステップ

 こんにちは。FeBe運営事務局です。

 読書は大切な「自己投資」の一つ。
 パラパラと斜め読みするだけの本もあれば、腰を据えてじっくり読みたい本もありますよね。中には座右の書として“血肉”にしたい本もあるかもしれません。

 読んだ本の内容を確実に“血肉”にするには、ただ漫然と読み進めるだけでは不十分。本を確実に“血肉”にするためにオススメしたいのが、「目で読む」「耳で聴く」「読み返す」を繰り返す方法です。視覚・聴覚の双方からアプローチすることで、より確実に本を体にしみこませることができるのです!

image それではさっそく本を“血肉化”するための技術を5ステップで紹介していきたいと思います。

 用意するものは3つ。“血肉”にしたい本と、その本のオーディオブックスマートフォンでも聴ける状態にしておきましょう)、そして付箋(またはマーカー)です。

(1)本を選ぶ
 まず必要なのが“血肉”としたい本選び。「これぞ!」という一冊を選びましょう。
7つの習慣―成功には原則があった!』(スティーブン・R・コヴィー/著)などの自己啓発書や『生き方―人間として一番大切なこと』(稲盛和夫/著)などの人生論もオススメです。

(2)本を通読する
 さっそく通読に入っていきましょう。本を読んでいて気になるポイントがあれば、付箋を貼ったりマーカーで線を引いたりするといいかもしれません。

(3)オーディオブックで本を聴く
 通読した後は、今度は「耳」で本を読みましょう。倍速にすると、とってもスピーディーに読めますよ。「耳」で読むことで、通読していたときとはまた違った発見が得られるかもしれません。

(4)本の付箋やマーカー部分を読む
 今度は、付箋を貼ったりマーカーを引いたりした部分を中心に、もう一度本を読んでいきましょう。一回目に通読したときよりも、言葉が自分のなかに浸透していることを感じられるはずです。

(5)時間をおいて再度本を読む
 本を“血肉”とするための最後のステップは、「時間をおいて再度本を読むこと」。本で読んでも、オーディオブックで聴いても、どちらでも構いません。
時間をおいて再読することで記憶が定着し、本を確実に“血肉化”することができるのです!

 いかがでしたか?
 読書は人生の糧となるものですよね。「座右の書」に出会ったら、ぜひこの方法を試してみてください。

運営 株式会社オトバンク

電話番号 03-5805-2915

住所  〒113-0033 東京都文京区本郷3-4-6 御茶ノ水エビヌマビル8階

担当者 佐伯