読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Audiobook Times

オーディオブック配信サービスFeBeのスタッフが、出版・音声メディア・著作権にまつわる最新の情報をお届けします!

新入社員に伝えたい「自己投資」をすべき3つの理由とその方法

新入社員 自己投資 スキルアップ

 こんにちは、FeBe運営事務局です。

 今日は新入社員のみなさんに、ビジネスパーソンとしての「自己投資」の大切さと、その方法をお伝えしたいと思います。
image
 新入社員のみなさんは、これから稼いでいくことになるお給料をどんな風に使っていく予定でしょうか。貯金ですか?それとも飲み会でしょうか?

 時間にもお金にも余裕がない新入社員の時期。でもそんな環境にあっても、「自己投資」を続けることが、ビジネスパーソンとして活躍するために欠かせません。新入社員が「自己投資」をすべき理由は次の3つです。

(1)新入社員~入社3年目が、ビジネスパーソンとして最も成長する時期
 新入社員~入社3年目くらいまでは、さまざまなことを学び、吸収して、ビジネスパーソンとして最も成長できる時期
 この時期に「自己投資」を続けることで、ビジネスパーソンとしての「基礎体力」が付き、実力につながっていくのです。

(2)「若さ」という価値は下がっていく
 「若さ」というのは一つの価値です。アルバイトなどの採用の場でも、20代のようが30代よりも採用されやすいのはそのためです。
 この「若さ」という価値は、年をとるに連れて下がっていきます。したがって、下がっていく「若さ」という価値とは別に、「能力」という価値をあげていかなければビジネスの市場では生き残っていけないと言えそうです。

(3)「自己投資」は年をとるにつれ難しくなっていく
 もちろん「自己投資」をすることは、一生を通じて大切なこと。でも年齢を重ねるに連れて「自己投資」が難しくなってくるのもまた事実です。結婚したり、子供が産まれたりすることによって、自分で自由に使えるお金は少なくなっていきます。
 自分で稼いだお金をある程度自由に使える時期にこそ、腰を据えて「自己投資」したいものです。


 いかがでしたか?
 新入社員に欠かせない「自己投資」。それでは、ここからは具体的な「自己投資」の方法を挙げてみます。

・本を読む(仕事に必要な知識を学ぶ)
オーディオブックを聴く(スキマ時間に「自己投資」)
・セミナーに参加する
・新聞を毎日読む(経済感覚を養う)
・異業種交流会に行く(人脈づくり)
・映画を観たり、習い事をしたり、英会話を習ったり、旅行をしたりする(人としての魅力を高める)
・資格を取るスキルアップ

 「自己投資」の目安は収入の1割程度と言われています。5000円からでもいいので、まずは「自己投資」、はじめてみてください。

運営 株式会社オトバンク

電話番号 03-5805-2915

住所  〒113-0033 東京都文京区本郷3-4-6 御茶ノ水エビヌマビル8階

担当者 佐伯