読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Audiobook Times

オーディオブック配信サービスFeBeのスタッフが、出版・音声メディア・著作権にまつわる最新の情報をお届けします!

2020年の東京オリンピックまでに、英語を身につけて世界中の人を「おもてなし」する方法

image

 「TOKYO!!」の声に日本中が興奮し、「お・も・て・な・し」ブームが巻き起こったあの五輪開催決定から1年。

 先日テレビを見ていたら、東京オリンピックまで現役を続けたいという、日本橋にお店を構える82歳の料理人が紹介されていました。

 彼のように、お店で働いていて、東京オリンピック世界中の人を「おもてなし」したいという方はたくさんいるでしょう。

 あるいは、突然道を聞かれたときにすんなり案内できたり、居酒屋さんで近くにきた外国人と気軽にコミュニケーションを取れたりしたら、絶対に楽しいですよね!

image

photo by Lloyd Morgan


 さあ、ここで私たちの前に立ちはだかるのが、「言葉の壁」

 英語が喋れるようになりたいけど、難しいし自分には無理…と諦めている方も多いのではと思うのですが、もしかして、「正しい英語を話さなければ」と思っていませんか?

 もちろんTOEICなどの試験で高点数を取るには文法の理解が必要ですが、英会話で大切なのは、言いたいことを簡単な英語でとっさに言える力、つまり英語の“瞬発力”なんです。

瞬発力を身につけるのに最適な、NHKの「英会話タイムトライアル」

image

photo by Matteo Piotto

 
 NHKゴガクが提供する「英会話タイムトライアル」は、「SPRタイムトライアル」と「対話カラオケ」を通して英語の瞬発力を楽しく身につけられる講座です。

 (なおSPRは、「瞬(Shun)発(Patsu)力(Ryoku)」の頭文字( ゜Д゜))

 「SPRタイムトライアル」では、先生のスティーブが日本語で言うフレーズに対して、自分で対応する英語を考えて答えていきます。

さっそく私もやってみました!(カッコ内は私の心の中の声です)

image


―タイムトライアル、スタート!


スティーブ「お疲れでしょう」
(“You look tired.”かな?)

スティーブ「お腹が空いているでしょう」
(“You look hungry.“ lookで合ってるのかな…ん?seemとかもあったかも)

スティーブ「楽しみでしょう」
(“You seem…、えっ、なんだ?楽しみ…fun,enjoy…なんか違う気がする…)

スティーブ「日本を見て回るのが楽しみでしょう」
(どうしよう、待って待って待って…んーと、あっlook forward to?

スティーブ「日光に行くのが楽しみでしょう」
(じゃあ、"You seem to be looking forward to going to Nikko."でどうだろう?)

スティーブ「お友達に会うのが楽しみでしょう」
(“You seem to be looking forward to meeting your friend.”ひゃー、なんか長いし全く自信ない。。)

―タイムトライアル終了!!!


ここから緊張の答え合わせタイムに入ります。


【模範解答】

「お疲れでしょう」→“You must be tired.”

「お腹が空いているでしょう」→“You must be hungry.”

「楽しみでしょう」→“You must be excited.”

「日本を見て回るのが楽しみでしょう」→“You must be excited to see Japan.”

「日光に行くのが楽しみでしょう」→“You must be excited to visit Nikko.”

「お友達に会うのが楽しみでしょう」→“You must be excited to see your friends.”


 …ううっ、恥ずかしながら、まさかの全敗

 でも、あれでもないこれでもないと自分で頭をひねって考えた分、「You must be=○○でしょう」というフレーズが、自分の中にスッと入ってきました。

 「○○が楽しみでしょう」というのは「must be excited」を使えばよいというのも、あれこれ悩んでも出てこなかったフレーズです。

英語で海外のお客様を「お・も・て・な・し

image

photo by Sanctu


 
 実は、11月の「英会話タイムトライアル」のテーマは、まさに「おもてなし」

 外国の方と待ち合わせをした時の会話の運び方のロールプレイなど、実践的な場面で使える英語を学ぶことができます。

 「早く着いたので、もう私たちの切符は買いましたよ、どうぞ」
 「すぐ出てくるものをなにか注文しましょうか?」
 「この段差に気をつけてくださいね」

 など、日本人にぴったりの英語を使った「おもてなし」フレーズが満載なので、英語とともに、日本人としての思いやりの心まで学べてしまいますね。

いつでも好きなときに、何度でも学べる

image

photo by ben dalton

 放送版「英会話タイムトライアル」では、ラジオで放送された講座を月~金の毎朝お届けしています。Podcast形式で毎日自動でダウンロードされるので、めんどくさがりでも大丈夫。

image
英会話タイムトライアル

 1日10分の勉強で少しずつ英語力を高めていけば、2020年にはきっと、流暢な英語で外国の方とコミュニケーションを取っているあなたがいるでしょう。

 全世界から日本に人が集まる東京オリンピック。日本人ならではの「おもてなし」の力を発揮できることが、今からとっても楽しみです!

image


【関連記事】
通勤・通学時間に英語を学びたい人必見! スマートフォンで英語を学ぶ3つの方法
旅行好き必見!14時間の長時間フライトを快適に過ごすために私がした3つのこと
「もっと早く試していれば・・・」の声続出!デキる人がこっそり始めている新・読書スタイル
Not 帰国子女でもナチュラルな英語を話せるようになる5つの勉強法

この記事のライター
image
ナカガワ
オトバンクの広報を担当しています。
英語って使わないと本当にだめですね。。
全敗…|ω-`*)シュン
運営 株式会社オトバンク

電話番号 03-5805-2915

住所  〒113-0033 東京都文京区本郷3-4-6 御茶ノ水エビヌマビル8階

担当者 佐伯