読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Audiobook Times

オーディオブック配信サービスFeBeのスタッフが、出版・音声メディア・著作権にまつわる最新の情報をお届けします!

松坂桃李さんが全盲弁護士の役で主演! 話題のドラマ『全盲の僕が弁護士になった理由』、原作者の大胡田誠氏が本当に伝えたいメッセージとは?

imageCC by鈴木宏一contact


みなさんは、大胡田誠さんという弁護士の先生をご存じですか?

彼は、日本で3人目に、全盲で司法試験に合格した人物。

12歳で視力を失いながらも弁護士を志し、8年の苦学を経て司法試験に合格。
弁護士として精力的に活動される一方で、全盲のパートナーと結婚され、家庭では二児の父として子育てに奮闘されています。

そんな彼の半生が元になったドラマ「『全盲の僕が弁護士になった理由』 ~実話に基づく 感動サスペンス!~」が、今年の12月1日にTBS系列で放送されることになりました。

このドラマには、原作となった書籍があります。

全盲の僕が弁護士になった理由(わけ)』(日経BP社、2012)
副題は、「あきらめない心の鍛え方」。

image

ドラマに興味を持たれたみなさんに、原作もより深く知っていただきたいと思ったので、今日はこの作品をご紹介させていただきます。


「どうやってできるか」を考えれば、人生はもっと面白くなる


この本は、「視覚障がいをお持ちの方も読めるように」という、大胡田先生や出版社の強い希望もあり、早い段階からオーディオブックにさせていただきました。

その際に、FeBeの特設サイトでも、大胡田先生の肉声の特別インタビュー音声を掲載しています。


そこで彼は、「なぜ自分の経験を、本という形で届けることにしたのか?」という問いに対して、次のように答えています。

1つ目の理由は、
「社会の側にも、視覚障がい者というものは何なのか、障がいがあるということで、できること、できないことがあることを知ってもらいたい」ということ。

そして2つ目は、
「私自身がそうであったように、視覚障がい者の経験を本にまとめることによって、将来を悲観している方に手に取ってもらって、『こんなふうにもやっていけるんだ』という想いを持ってもらいたい」ということ。

image


いかがですか。大胡田先生の「「どうやってできるか」を考えると、人生はもっと面白くなる」というメッセージにふれると、もっともっと頑張ろう、頑張りたい、と思うことができるのではないでしょうか。

ぬくもりに満ちた大胡田先生の肉声のメッセージ全文は、こちらからお聴きいただけます。


全盲の僕が弁護士になった理由 特設サイト
http://www.febe.jp/documents/special/lawyer/

この記事のライター
image
ナカガワ
オトバンクの広報を担当しています。
音で届けることによってより多くの方がこの本に触れられたら
とても嬉しいです。

【おすすめ記事】
旅行好き必見!14時間の長時間フライトを快適に過ごすために私がした3つのこと
「もっと早く試していれば・・・」の声続出!デキる人がこっそり始めている新・読書スタイル

運営 株式会社オトバンク

電話番号 03-5805-2915

住所  〒113-0033 東京都文京区本郷3-4-6 御茶ノ水エビヌマビル8階

担当者 佐伯